会長あいさつ

 1941年(昭和16年)に養護教諭(当時は養護訓導)の職制が確立してから6年後、本会の前身「山形県学校衛生会養護部会」が組織されました。さらに2年後の1949年(昭和24年)には会則が制定され「山形県養護教員研究会」が発足。その後「山形県養護教員連絡協議会」「山形県小・中・高等学校教育研究会養護教員連絡協議会」と名称を変え1988年(昭和63年)、現在の「山形県小・中・高等学校教育研究会養護教諭連絡協議会」となりました。
 本会は、山形県の幼稚園、小・中・高等学校、特別支援学校に勤務する養護教諭が加入し会員相互の連携を深めつつ、養護教諭としての資質や専門性の向上、子どもの健やかな育ちをめざし学校保健の向上に資するために、調査・研究、研修を実施、教育研究団体として自立した活動を行っています。


 このたび歴史ある本会の新たな取り組みとして、ホームページを立ち上げました。さらなる会員の交流や研修がすすむことを期待しております。
 また、情報通信技術の予測のつかない進展、虐待や貧困問題などの社会状況に加え、近年は甚大な自然災害の多発など、子どもをとりまく健康課題は複雑化・深刻化しており、保護者をはじめ、校内外の様々な専門職務、地域資源との連携が必須となっております。ホームページをきっかけに養護教諭の活動を知っていただき、さらに他(多)職種との協働がひろがっていけばと思っております。


 結びに、山形県学校保健連合会をはじめとする関係各位の皆様の、日頃よりのご支援に感謝申しあげ、あいさつといたします。


山形県小・中・高等学校教育研究会養護教諭連絡協議会
会 長  相澤  久美子

協議会組織図

組織図