会長あいさつ

 1941年(昭和16年)に養護教諭(当時は養護訓導)の職制が確立してから6年後、本会の前身「山形県学校衛生会養護部会」が組織されました。さらに2年後の1949年(昭和24年)には会則が制定され「山形県養護教員研究会」が発足。その後「山形県養護教員連絡協議会」「山形県小・中・高等学校教育研究会養護教員連絡協議会」と名称を変え1988年(昭和63年)、現在の「山形県小・中・高等学校教育研究会養護教諭連絡協議会」となりました。
 本会は、山形県の幼稚園、小・中・高等学校、特別支援学校に勤務する養護教諭が加入し会員相互の連携を深めつつ、養護教諭としての資質や専門性の向上、子どもの健やかな育ちをめざし学校保健の向上に資するために、調査・研究、研修を実施、教育研究団体として自立した活動を行っています。

 さて今、世界規模の新型コロナウィルス感染拡大という未曾有の事態の中、学校において養護教諭が中核となりスピード感をもって対応することが求められています。
長年に渡り培ってきた専門性やスキルの伝承と養護教諭の貴重な学びの場である夏季研修会や様々な行事が中止になっています。研鑽する場やネットワーク構築のための手段が難しい現状ですが、ホームページ等を活用しながら「つなぐ 伝える 高まる」ために今できることは何か、このような非常事態だからこそ私たちがお互いに共有しあう方法、他(多)職種の方々との協働などを検討していきたいと思っております。
新しい生活様式を取り入れながら、様々な制約の中で、未来を担う子どもたちが笑顔で充実した学校生活となるよう、養護教諭一丸となってこの難局を乗り越えたいと考えております。

 結びに、山形県学校保健連合会をはじめとする関係各位の皆様の、日頃よりのご支援に感謝申しあげ、あいさつといたします。

                                             

山形県小・中・高等学校教育研究会養護教諭連絡協議会
会 長  長岡  奈保子

協議会組織図

組織図